東京のお好み焼き・もんじゃ焼きなら渋谷区原宿のさくら亭へ!

お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼き食べ放題!東京都渋谷区:原宿【さくら亭】 昼は食べ放題が1060円+1ドリンク付き♪夜はトッピング2倍+麺まで食べ放題で女性1790円・男性1990円コースが大人気!

もんじゃ焼きの作り方

[dropcap1] 秘伝のもんじゃ焼きの作り方[/dropcap1]
[hr]

[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]1.具を鉄板に落とす
もんじゃのたね(汁の部分)を残しつつ、
具とキャベツを鉄板にのせて、炒めます。[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]2.切るように炒め、土手を作る
この時、キャベツを切りながら炒めます。なぜキャベツを切るかというと、
これによりキャベツから旨味が出て、より美味しくなるんです!
具材に火が通り、キャベツがしんなりしてきたら、土手を作ります。[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]3.ソースに味付け
いよいよ、「もんじゃのたね」の出番です!
まず、もんじゃのたね(汁)に、味付けとしてウスターソースを入れます。
具材によっては、しょうゆを使用します。[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]4.土手にたねを流し込む
味付けが終わったら、土手の中に「もんじゃのたね」を流し込みます。
土手が決壊しないよう、慎重にいれます。[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]5.煮えるのを待つ
もんじゃのたねを全て流し終わると、こうなります。
写真のように少したねが土手のスキマから出てしまった場合、
慌てず土手に戻しましょう。
あとは、たねがぐつぐつと煮え、ドロドロしてくるまで待ちます。(約4~5分)[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]6.完成間近
左写真のように、ドロドロしてくると色が白っぽい色から透明な色へと変わってきているのが分かります。ここまで来たら完成間近!次のステップへ![/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]7.華麗に混ぜる
突然ですがいっぺんに手早く混ぜます!
とにかく混ぜる!激しく!激しく!激しく混ぜたら、うすく伸ばします。[/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]8.完成
あとはお好みで七味、青のりをかけて、おいしいもんじゃ焼き、完成![/three_fourth]


[one_fourth first]
[/one_fourth]

[three_fourth]9.はがしを使ってさらに美味しく
意外と、「はがしを使って食べる」習慣が無いのでお箸で食べちゃう方もいらっしゃいますが、ここはもんじゃらしく「剥がして食べる」を味わってみましょう。おこげも美味しく味わえますよ。[/three_fourth]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>