新年早々に死神!?「激辛フェア」を1月4日より開催!

激辛フェアイメージ写真

常に新しい流行が生まれ続ける街、原宿で創業してから20年以上、国内に限らず海外のお客様にも常に注目を浴び続けているグローバルなおもてなし対応の”体験型”お好み焼きレストラン「さくら亭」(運営:有限会社さくら亭、本社:東京都渋谷区、店長:髙島一也)はこの度、スパイシーじゃ物足りない、自分の辛さの限界に挑戦したいお客様が楽しめるように、一気に5種類の激辛メニューを来年の1月4日より、1月31日まで販売致します。(販売価格:1,300円税込より)

さくら亭のお客様は、世界各国より訪れ、その中に辛い料理を好んで食べる国の方々もいます。よく言われるのは、日本の辛い料理はパンチが弱く、本当の辛い料理好きには物足りないと、もっとたくさんの種類の辛い料理をさくら亭で食べたいという声を聞き、激辛メニューの開発に至りました。
辛く煮込んだ鶏肉入りDeathソース、韓国のタッケジャンからインスピレーション得た辛い出汁をこれでもかと使った、さくら亭渾身の辛旨「DEATHお好み焼き1号、2号」、「激辛もんじゃ1号、2号」、「DEATH焼きそば」、5種類を一気に発売します。

Deathお好み焼きイメージ

販売期間:2019年1月4~2019年1月31日
販売場所:東京都渋谷区神宮前3-20-1
販売店舗:原宿さくら亭
提供時間:11:00~22:00
販売商品:
DEATHお好み焼き1号、2号
激辛もんじゃ1号、2号
DEATH焼きそば
販売価額:1,300円税込より

広報室連絡先
電話番号:03-3479-0039
FAX番号:03-3479-0576
メールアドレス:info@sakuratei.co.jp

【原宿さくら亭 概要】

Deathお好み焼きイメージ
Deathお好み焼きイメージ

1996年オープンにしたお好み焼き・もんじゃ焼き屋。国際色豊かな裏原宿の隠れ家レストランとして定着し人気を博す。
隣接しているアートギャラリー「Design Festa Gallery 」とのコラボレーションにより店内の到るところにアート作品を展示。
原宿の“インスタ映え”スポットとして日々若者や外国人の周遊スポットとなっている。
昨年に店内をリニューアルし現在、全席220席。国内外問わず、日本のソウルフードを愛する一般のお客様は勿論、
インバウンド観光客の団体グルメツアーや日本国内の学生の団体様を始め、様々なお客様のニーズに対応。
急な団体のお客様のご予約にも対応。